メインコンテンツへスキップ

ファイルの内容(Contents)

あらかじめコンパイルされたコードやソースコードのフレーバーなど、Bootstrapに組み込まれているものを確認。

コンパイル済のファイル(Precompiled Bootstrap)v5.0.0-beta1ファイル追加

ダウンロードして圧縮フォルダを解凍すると、次の表示になる:

bootstrap/
├── css/
│   ├── bootstrap-grid.css
│   ├── bootstrap-grid.css.map
│   ├── bootstrap-grid.min.css
│   ├── bootstrap-grid.min.css.map
│   ├── bootstrap-grid.rtl.css v5.0.0-beta1追加
│   ├── bootstrap-grid.rtl.css.map v5.0.0-beta1追加
│   ├── bootstrap-grid.rtl.min.css v5.0.0-beta1追加
│   ├── bootstrap-grid.rtl.min.css.map v5.0.0-beta1追加
│   ├── bootstrap-reboot.css
│   ├── bootstrap-reboot.css.map
│   ├── bootstrap-reboot.min.css
│   ├── bootstrap-reboot.min.css.map
│   ├── bootstrap-reboot.rtl.css v5.0.0-beta1追加
│   ├── bootstrap-reboot.rtl.css.map v5.0.0-beta1追加
│   ├── bootstrap-reboot.rtl.min.css v5.0.0-beta1追加
│   ├── bootstrap-reboot.rtl.min.css.map v5.0.0-beta1追加
│   ├── bootstrap-utilities.css v5.0.0-alpha1追加
│   ├── bootstrap-utilities.css.map v5.0.0-alpha1追加
│   ├── bootstrap-utilities.min.css v5.0.0-alpha1追加
│   ├── bootstrap-utilities.min.css.map v5.0.0-alpha1追加
│   ├── bootstrap-utilities.rtl.css v5.0.0-beta1追加
│   ├── bootstrap-utilities.rtl.css.map v5.0.0-beta1追加
│   ├── bootstrap-utilities.rtl.min.css v5.0.0-beta1追加
│   ├── bootstrap-utilities.rtl.min.css.map v5.0.0-beta1追加
│   ├── bootstrap.css
│   ├── bootstrap.css.map
│   ├── bootstrap.min.css
│   ├── bootstrap.min.css.map
│   ├── bootstrap.rtl.css v5.0.0-beta1追加
│   ├── bootstrap.rtl.css.map v5.0.0-beta1追加
│   ├── bootstrap.rtl.min.css v5.0.0-beta1追加
│   └── bootstrap.rtl.min.css.map v5.0.0-beta1追加
└── js/
    ├── bootstrap.bundle.js
    ├── bootstrap.bundle.js.map
    ├── bootstrap.bundle.min.js
    ├── bootstrap.bundle.min.js.map
    ├── bootstrap.esm.js v5.0.0-alpha1追加
    ├── bootstrap.esm.js.map v5.0.0-alpha1追加
    ├── bootstrap.esm.min.js v5.0.0-alpha1追加
    ├── bootstrap.esm.min.js.map v5.0.0-alpha1追加
    ├── bootstrap.js
    ├── bootstrap.js.map
    ├── bootstrap.min.js
    └── bootstrap.min.js.map

これがBootstrapの最も基本的な形式:ほぼすべてのWebプロジェクトで迅速にドロップインして使用できるコンパイル済のファイルであり、コンパイルされたCSSとJSファイル(bootstrap.*)と、コンパイルされた軽量版のCSSとJSファイル(bootstrap.min.*)を提供。ソースマップファイル(bootstrap.*.map)は、特定のブラウザの開発者向けツールで使用できる。バンドルされたJSファイル(bootstrap.bundle.js 、軽量版 bootstrap.bundle.min.js)には、Popperが組み込まれている。ES Modulesに対応したJSファイル(bootstrap.esm.jsbootstrap.esm.min.js)も提供。

【変更履歴】
  • 【v5.0.0-alpha1】
    • ユーティリティクラスのみ組み込まれているCSSファイルが追加
    • ES Modules対応のJSファイルが追加
  • 【v5.0.0-beta1】
    • 各CSSファイルのRTL(右書き)版が追加
  • 【v5.0.0-beta2】
    • bootstrap-utilities.css にはユーティリティだけでなく、ヘルパーも含まれるようになった(ヘルパーをカスタムの構築ツールにインポートする必要がなくなった)。

CSSファイル(CSS files)

CSSファイル レイアウト コンテンツ コンポーネント ユーティリティ
bootstrap.css
bootstrap.rtl.css
bootstrap.min.css
bootstrap.rtl.min.css
組み込まれる 組み込まれる 組み込まれる 組み込まれる
bootstrap-grid.css
bootstrap-grid.rtl.css
bootstrap-grid.min.css
bootstrap-grid.rtl.min.css
グリッドシステムのみ Flexユーティリティのみ
bootstrap-utilities.css
bootstrap-utilities.rtl.css
bootstrap-utilities.min.css
bootstrap-utilities.rtl.min.css
組み込まれる
bootstrap-reboot.css
bootstrap-reboot.rtl.css
bootstrap-reboot.min.css
bootstrap-reboot.rtl.min.css
Rebootのみ

JSファイル(JS files)

JSファイル Popper
bootstrap.bundle.js
bootstrap.bundle.min.js
組み込まれる
bootstrap.js
bootstrap.min.js

 

ソースコード(Bootstrap source code)

Bootstrapのソースコードのダウンロードファイルには、コンパイル済のCSSとJavaScriptファイル一式とソースのSassとJavaScript、ドキュメント(解説)が入っている。具体的には、次のとおり:

bootstrap/
├── dist/
│   ├── css/
│   └── js/
├── site/
│   └──content/
│      └──docs/
│         └── 5.1/
│             └── examples/
├── js/
└── scss/

scss/js/ には、それぞれCSSとJavaScriptのソースコードが入っており、dist/ フォルダには、上記の「コンパイル済のファイル」に記載されているすべてのファイルが入っている。site/content/docs/ フォルダはドキュメントのソースコードで、examples/ にはBootstrapの実例が入っている。その他にパッケージ、ライセンス情報、開発用のサポートを提供するファイルが入っている。