メインコンテンツへスキップ

カラーユーティリティ(Colors)

いくつかのカラーユーティリティクラスを使用して、color を通じて意味を伝える。ホバー状態とのリンクのスタイルのサポートも含む。

文字色(Colors)v5.1.0スタイル変更、クラス追加

文字色の種類

文字色ユーティリティを使用してテキストを色付ける。リンクを色付けしたい場合は、:hover:focus 状態を持つ .link-{themecolor} ヘルパークラスを使用する。

Primary:この文章はダミーです。 .text-primary

Secondary:この文章はダミーです。 .text-secondary

Success:この文章はダミーです。 .text-success

Info:この文章はダミーです。 .text-info

Warning:この文章はダミーです。 .text-warning

Danger:この文章はダミーです。 .text-danger

Light:この文章はダミーです。 .text-light
※色が見やすいように背景色をつけています

Dark:この文章はダミーです。 .text-dark

Body(<body> の文字色と同じ配色):この文章はダミーです。 .text-body

Muted(弱め):この文章はダミーです。 .text-muted

Black:この文章はダミーです。 .text-black v5.1.0追加

White:この文章はダミーです。 .text-white
※色が見やすいように背景色をつけています

Black-50(50%不透明な黒色):この文章はダミーです。 .text-black-50 v5.1.0非推奨

White-50(50%不透明な白色):この文章はダミーです。 .text-white-50 v5.1.0非推奨
※色が見やすいように背景色をつけています

※デフォルトの場合(参考):この文章はダミーです。

設定例
<span class="text-primary">この文章はダミーです。</span>
【設定】
  • <p><span> などの要素に .text-{color}(上記の「文字色の種類」から選択)を入れる
    • {color} は、primary, secondary, success, info, warning, danger, light, dark, muted, body, black, white, black-50, white-50 のいずれかを選択
    • .text-muted の色を変更する場合は、scss/_variables.scss 内の $text-muted の値を変更して再コンパイルする(デフォルトは $gray-600.text-secondary と同じ)
    • .text-body の色を変更する場合は、scss/_variables.scss 内の $body-color の値を変更して再コンパイルする(デフォルトは $gray-900.text-dark と同じ)
【注意】
【変更履歴】
  • 【v5.0.0-alpha1】
    • <a> タグに .text-{color} を入れてもホバーやフォーカス時に濃いめに強調されなくなった(.link-{themecolor}リンクヘルパークラス)を使用)
  • 【v5.1.0】
    • .text-{color}{color} 設定がHEX値からRGBテーマカラーCSS変数と透明度アルファ値CSS変数に変更
    • .text-black が追加
    • .text-black-50.text-black.text-opacity-50 を使用)と .text-white-50.text-white.text-opacity-50 を使用)は非推奨に(v5.1.0~でも使用できるがv6で廃止予定)

 

不透明度(Opacity)v5.1.0新設

v5.1.0以降、文字色ユーティリティはCSS変数を使用してSassで生成される。これにより、コンパイルや動的な透明度のアルファ値の変更なしで、リアルタイムの色の変更が可能になる。

使い方(How it works)

デフォルトの .text-primary ユーティリティについて考察:

Bootstrap5.1の設定 緑背景が変更箇所
.text-primary {
  --bs-text-opacity: 1;
  color: rgba(var(--bs-primary-rgb), var(--bs-text-opacity)) !important;
}
※Bootstrap5.0.2の設定 赤背景が変更箇所
.text-primary {
  color: #0d6efd !important;
}

--bs-primary のRGBバージョン(値は 13, 110, 253)のCSS変数を使用し、透明度のアルファ値のために2番目のCSS変数 --bs-text-opacity を添付(ローカルCSS変数のおかげでデフォルト値は 1)。つまり今は .text-primary を使用すると、計算された color 値は rgba(13, 110, 253, 1) になる。各 .text-* クラス内のローカルCSS変数は継承の問題を回避するため、ユーティリティの入れ子になったインスタンスは自動的に変更された透明度のアルファ値を持たない。

実例(Examples)

その不透明度を変更するには、カスタムスタイルかインラインスタイルを経由して --bs-text-opacity を再定義。

1.インラインスタイルで設定

見本
デフォルトのPrimaryの文字
50%の不透明度のPrimaryの文字
設定例
50%の不透明度の文字<div class="text-primary" style="--bs-text-opacity: .5;">...</div>

2.定義済クラスで設定

または、.text-opacity ユーティリティのいずれかから選択。

見本
デフォルトのPrimaryの文字
75%の不透明度のPrimaryの文字
50%の不透明度のPrimaryの文字
25%の不透明度のPrimaryの文字
設定例
75%の不透明度の文字<div class="text-primary text-opacity-75">...</div>
50%の不透明度の文字<div class="text-primary text-opacity-50">...</div>
25%の不透明度の文字<div class="text-primary text-opacity-25">...</div>

定義済の配色

.text-primary
.text-primary.text-opacity-75
.text-primary.text-opacity-50
.text-primary.text-opacity-25
.text-secondary
.text-secondary.text-opacity-75
.text-secondary.text-opacity-50
.text-secondary.text-opacity-25
.text-success
.text-success.text-opacity-75
.text-success.text-opacity-50
.text-success.text-opacity-25
.text-info
.text-info.text-opacity-75
.text-info.text-opacity-50
.text-info.text-opacity-25
.text-warning
.text-warning.text-opacity-75
.text-warning.text-opacity-50
.text-warning.text-opacity-25
.text-danger
.text-danger.text-opacity-75
.text-danger.text-opacity-50
.text-danger.text-opacity-25
.text-light
.text-light.text-opacity-75
.text-light.text-opacity-50
.text-light.text-opacity-25
.text-dark
.text-dark.text-opacity-75
.text-dark.text-opacity-50
.text-dark.text-opacity-25
.text-black
.text-black.text-opacity-75
.text-black.text-opacity-50
.text-black.text-opacity-25
.text-white
.text-white.text-opacity-75
.text-white.text-opacity-50
.text-white.text-opacity-25

 

特異性(Specificity)

各色のクラスは、別のセレクタの特異性のために適用できないことがある。場合によっては、要素のコンテンツを更に <div> で囲むようにすれば十分。

 

Sass v5.0.0-beta2追加

以下のSass機能に加えて、カラーなどに含まれているCSSカスタムプロパティ(別名CSS変数)についても読んでみること。

変数(Variables)

ほとんどの color ユーティリティは、一般的なカラーパレット変数から再割り当てされたテーマカラーによって生成される。

デフォルトの設定
scss/_variables.scss 内 color-variables の設定$blue:    #0d6efd;
$indigo:  #6610f2;
$purple:  #6f42c1;
$pink:    #d63384;
$red:     #dc3545;
$orange:  #fd7e14;
$yellow:  #ffc107;
$green:   #198754;
$teal:    #20c997;
$cyan:    #0dcaf0;
scss/_variables.scss 内 theme-color-variables の設定$primary:       $blue;
$secondary:     $gray-600;
$success:       $green;
$info:          $cyan;
$warning:       $yellow;
$danger:        $red;
$light:         $gray-100;
$dark:          $gray-900;

グレースケールカラーも利用できるが、ユーティリティの生成にはサブセットのみを使用。

scss/_variables.scss 内 gray-color-variables の設定$white:    #fff;
$gray-100: #f8f9fa;
$gray-200: #e9ecef;
$gray-300: #dee2e6;
$gray-400: #ced4da;
$gray-500: #adb5bd;
$gray-600: #6c757d;
$gray-700: #495057;
$gray-800: #343a40;
$gray-900: #212529;
$black:    #000;

マップ(Map)

次に、テーマカラーがSassマップに配置されるので、それをループして、ユーティリティやコンポーネント修飾子などが生成できる。

デフォルトの設定
scss/_variables.scss 内 theme-colors-map の設定$theme-colors: (
  "primary":    $primary,
  "secondary":  $secondary,
  "success":    $success,
  "info":       $info,
  "warning":    $warning,
  "danger":     $danger,
  "light":      $light,
  "dark":       $dark
);

グレースケールカラーは、Sassマップとしても利用できる。このマップは、ユーティリティの生成には使用されない。

scss/_variables.scss 内 gray-colors-map の設定$grays: (
  "100": $gray-100,
  "200": $gray-200,
  "300": $gray-300,
  "400": $gray-400,
  "500": $gray-500,
  "600": $gray-600,
  "700": $gray-700,
  "800": $gray-800,
  "900": $gray-900
);

RGBカラーは別のSassマップから生成される:

scss/_variables.scss 内 theme-colors-rgb の設定$theme-colors-rgb: map-loop($theme-colors, to-rgb, "$value");

また、カラーの不透明度は、ユーティリティAPIによって消費される独自のマップを使用して構築される:

scss/_variables.scss 内 utilities-text-colors の設定$utilities-text: map-merge(
  $utilities-colors,
  (
    "black": to-rgb($black),
    "white": to-rgb($white),
    "body": to-rgb($body-color)
  )
);
$utilities-text-colors: map-loop($utilities-text, rgba-css-var, "$key", "text");

ユーティリティAPI(Utilities API)

カラーユーティリティは、scss/_utilities.scss のユーティリティAPIで宣言されている。ユーティリティAPIの使用方法はこちらを参照。

デフォルトの設定
scss/_utilities.scss 内 utils-color の設定    "color": (
      property: color,
      class: text,
      local-vars: (
        "text-opacity": 1
      ),
      values: map-merge(
        $utilities-text-colors,
        (
          "muted": $text-muted,
          "black-50": rgba($black, .5), // 非推奨
          "white-50": rgba($white, .5), // 非推奨
          "reset": inherit,
        )
      )
    ),
    "text-opacity": (
      css-var: true,
      class: text-opacity,
      values: (
        25: .25,
        50: .5,
        75: .75,
        100: 1
      )
    ),