メインコンテンツへスキップ

カラーユーティリティ(Colors)

いくつかのカラーユーティリティクラスを使用して、color を通じて意味を伝える。ホバー状態とのリンクのスタイルのサポートも含む。

目次

文字色(Colors)v5.0.0-alpha1スタイル変更

文字色の種類

文字色ユーティリティを使用してテキストを色付ける。リンクを色付けしたい場合は、:hover:focus 状態を持つ .link-{themecolor} ヘルパークラスを使用する。

Primary:この文章はダミーです。 .text-primary

Secondary:この文章はダミーです。 .text-secondary

Success:この文章はダミーです。 .text-success

Info:この文章はダミーです。 .text-info

Warning:この文章はダミーです。 .text-warning

Danger:この文章はダミーです。 .text-danger

Light:この文章はダミーです。 .text-light
※色が見やすいように背景色をつけています

Dark:この文章はダミーです。 .text-dark

Body(<body> の文字色と同じ配色):この文章はダミーです。 .text-body

Muted:この文章はダミーです。 .text-muted

White:この文章はダミーです。 .text-white
※色が見やすいように背景色をつけています

Black-50(50%不透明な黒色):この文章はダミーです。 .text-black-50

White-50(50%不透明な白色):この文章はダミーです。 .text-white-50
※色が見やすいように背景色をつけています

※標準の場合(参考):この文章はダミーです。

設定例
<span class="text-primary">この文章はダミーです。</span>
【設定】
  • <p><span> などの要素に .text-{color}(上記の「文字色の種類」から選択)を入れる
    • {color} は、primary, secondary, success, info, warning, danger, light, dark, muted, body, white, black-50, white-50 のいずれかを選択
    • .text-body の色を変更する場合は、scss/_variables.scss 内の $body-color の値を変更して再コンパイルする
【変更履歴】
  • 【v5.0.0-alpha1】
    • <a> タグに .text-{color} を入れてもホバーやフォーカス時に濃いめに強調されなくなった(.link-{themecolor}リンクヘルパークラス)を使用)

 

特異性(Specificity)

各色のクラスは、別のセレクタの特異性のために適用できないことがある。場合によっては、要素のコンテンツを更に <div> で囲むようにすれば十分。

 

Sass v5.0.0-beta2追加

以下のSass機能に加えて、カラーなどに含まれているCSSカスタムプロパティ(別名CSS変数)についても読んでみること。

変数(Variables)

ほとんどの color ユーティリティは、一般的なカラーパレット変数から再割り当てされたテーマカラーによって生成される。

color-variablesの設定$blue:    #0d6efd;
$indigo:  #6610f2;
$purple:  #6f42c1;
$pink:    #d63384;
$red:     #dc3545;
$orange:  #fd7e14;
$yellow:  #ffc107;
$green:   #198754;
$teal:    #20c997;
$cyan:    #0dcaf0;
theme-color-variablesの設定$primary:       $blue;
$secondary:     $gray-600;
$success:       $green;
$info:          $cyan;
$warning:       $yellow;
$danger:        $red;
$light:         $gray-100;
$dark:          $gray-900;

グレースケールカラーも利用可能だが、ユーティリティの生成にはサブセットのみを使用。

gray-color-variablesの設定$white:    #fff;
$gray-100: #f8f9fa;
$gray-200: #e9ecef;
$gray-300: #dee2e6;
$gray-400: #ced4da;
$gray-500: #adb5bd;
$gray-600: #6c757d;
$gray-700: #495057;
$gray-800: #343a40;
$gray-900: #212529;
$black:    #000;

マップ(Map)

次に、テーマカラーがSassマップに配置されるので、それをループして、ユーティリティやコンポーネント修飾子などが生成可能。

theme-colors-mapの設定$theme-colors: (
  "primary":    $primary,
  "secondary":  $secondary,
  "success":    $success,
  "info":       $info,
  "warning":    $warning,
  "danger":     $danger,
  "light":      $light,
  "dark":       $dark
);

グレースケールカラーは、Sassマップとしても利用可能。このマップは、ユーティリティの生成には使用されない。

gray-colors-mapの設定$grays: (
  "100": $gray-100,
  "200": $gray-200,
  "300": $gray-300,
  "400": $gray-400,
  "500": $gray-500,
  "600": $gray-600,
  "700": $gray-700,
  "800": $gray-800,
  "900": $gray-900
);

ユーティリティAPI(Utilities API)

カラーユーティリティは、scss/_utilities.scss のユーティリティAPIで宣言されている。ユーティリティAPIの使用方法はここで学習。

utils-colorの設定"color": (
	property: color,
	class: text,
	values: map-merge(
		$theme-colors,
		(
			"white": $white,
			"body": $body-color,
			"muted": $text-muted,
			"black-50": rgba($black, .5),
			"white-50": rgba($white, .5),
			"reset": inherit,
		)
	)
),